teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. ブランドセール(0)
  2. ブランドセール激安市場スーパーコピーブランド通販(0)
  3. 一流ブランドのバッグ、財布、生産販売(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:119/339 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

高知市のリキュール特区

 投稿者:美容室オーパーツ  投稿日:2010年 6月17日(木)23時00分45秒
  通報 返信・引用
  高知市は今年3月、国の「リキュール特区」の認定を受けたが、当初想定していた梅酒などの製造者はこれまでゼロ

「市内に製造所があれば誰でもできるのでやってみませんか」と呼びかけている



高知市は合併後の鏡地区の活性化を目指して2006年に「どぶろく特区」の認定を受けた

08年から特産品のウメに付加価値を付け、商品化しようと梅酒の生産を目指し「リキュール特区」の申請に取り組んだ



どぶろくは鏡地区の2人が生産

リピーターを獲得して売れ行きは好調で、現在も予約しなければ入手困難という



一方、リキュールは今年3月に特区認定

どぶろく以上に材料費など初期投資が掛かる上、商品化まで1年以上、製品を管理する広い土地も必要で実現していない

このため、市は鏡地区や農家だけにとどまらず、市全域から広く”蔵元”希望の個人や法人を探している



リキュール製造が可能なのは高知市産のウメ、ユズ、カキ、ナシ、ヤマモモの5種

酒類製造免許の審査には約4ヶ月かかり、免許登録に15万円が必要になる



担当の市鏡地区振興課は「梅酒の需要はあり、造ればそこそこ売れると思う。自信のある方はぜひ挑戦を」

としている。詳細、問い合わせは同課(088・896・2001)へ
 
 
》記事一覧表示

新着順:119/339 《前のページ | 次のページ》
/339