teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. ブランドセール(0)
  2. ブランドセール激安市場スーパーコピーブランド通販(0)
  3. 一流ブランドのバッグ、財布、生産販売(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:41/314 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

「環境の町」梼原 視察激増

 投稿者:美容室オーパーツ  投稿日:2011年12月20日(火)13時36分37秒
  通報 返信・引用
  全国の自治体などから、”梼原詣で”が続いている

東日本大震災による原発事故後、自治体の”新エネ熱”が高まる中

風力や太陽光などを生かしたまちづくりを進める高岡郡梼原町への視察が急増している




同町が自然エネルギーを積極的に活用し始めたのは、10年以上前のこと

1998年に町の施設として造った温水プールに地熱エネルギーを導入し

翌年には四国カルストの風を受ける風車2基を建設

2年半前には、梼原川に小水力発電を建設し、昼は学校への送電、夜は街灯に使っている




風、光、水・・。

生かせる資源は何でも使おうと臨み、木質ペレットを燃料にした冷暖房機の導入なども促進

風力発電の売電益は太陽光発電の普及や間伐を促進する補助金として活用している




太陽光の場合、国の補助金に加え、町独自の1kw当たり20万円の補助金があり

一般住宅(現在109戸設置)への普及率6.0%は「全国トップ級」

町役場など公共施設には当たり前のように太陽光発電の設備があり

3年前には全国13自治体、中四国唯一の「環境モデル都市」に選ばれた




町の目標は

「2050年までに町の事業で発電するエネルギーだけで自給率100%」にすること

地熱や太陽光、小水力を合わせた現在の「町のエネルギー自給率」は28.5%だという




千葉大などがまとめた自治体別自給率によると、梼原町は既に129.7%

しかし、これは四国電力の水力発電を含んでおり

電力会社の設備のある自治体ほど数字が高くなる

町はあくまで「町事業での100%」「電気代の要らない町」を目指し

民間資金も活用して風車を40基にする計画だ






>高知新聞より抜粋

 
 
》記事一覧表示

新着順:41/314 《前のページ | 次のページ》
/314